ナミキ商事株式会社 医薬品及び創薬化学品の専門商社

医薬品及び創薬化学品の専門商社

検索検索

化合物検索・調査依頼・データベース提供生理・薬理活性化合物/ポジコン

Eflornithine【別名:DFMO;MDL71782;RMI71782;α-difluoromethylornithine】

HY-B0744構造式

CAS No.
70052-12-9
製品コード
HY-B0744
サプライヤー
Medchemexpress
純度
>98%
Target
Others
参考納期(在庫有りの場合)
約5-10営業日

詳細情報

FormulaC6H12F2N2O2
M.W.182.17
PathwayOthers
Solubility10 mM in DMSO
備考Eflornithine is a specific, irreversible inhibitor of the enzyme ornithine decarboxylase. Eflornithine is a medication for the treatment of African trypanosomiasis and excessive facial hair growth in women.
In Vivo: Eflornithine is the only new molecule registered for the treatment of human African trypanosomiasis over the last 50 years. It is the drug used mainly as a back-up for melarsoprol refractory Trypanosoma brucei gambiense cases[1]. In subjects with excessive, unwanted facial hair, eflornithine 15% cream is superior to placebo in reducing hair growth. After 24 weeks' treatment, 58% of eflornithine and 34% of placebo subjects have at least some improvement in facial hirsutism[2]. The hair growth inhibitory activity of eflornithine is significantly enhanced when the eflornithine cream is applied onto a mouse skin area pretreated with microneedles[3]. Treatment of coarctation hypertensive rats with eflornithine results in a normalization of the contractile intensity to KCI and norepinephrine and relaxations to acetylcholine by 14 days of hypertension[4].
URLhttp://https://www.medchemexpress.com/eflornithine.html

お問い合わせ(下記容量以外の容量をご希望される方は右側の容量記入欄に希望容量をご記入の上お問い合わせください。)

10mg : 12,200
お問い合わせ
50mg : 22,000
お問い合わせ
お問い合わせ
  • 参考価格となりますので、実際の御見積金額と異なる場合がございます。予めご了承くださいますようお願い致します。
  • 輸入に関する法規制チェックは、御見積のご依頼を頂いた際に行います。
    (法規制によっては、稀に供給出来ない場合がございますので、あらかじめご了承ください。)
特許権侵害物質排除ポリシー
当社では、輸入取扱にかかる化学物質中に特許物質が含まれることにより特許権の侵害が生じないよう万全を期しておりますが、本製品一覧における全ての化学物質について特許登録の有無を調査することはきわめて困難であり、特許物質が含有されている場合があり得ます。
万一、当社製品一覧中に貴社の特許を侵害する物質が含有されていると判断される場合には、お手数ではございますが当社へご一報を頂けますと幸いです。直ちに該当品を本製品一覧から削除し、取扱いを停止する措置を執るものとします。