ナミキ商事株式会社 医薬品及び創薬化学品の専門商社

医薬品及び創薬化学品の専門商社

検索検索

サプライヤー情報

Biorelevant

イギリス

  • 医薬品原料・API・中間体
  • バイオ製品

Biorelevant社について

設立
2007年
本社所在地
イギリス
URL
https://biorelevant.com/

FaSSIF、FeSSIF、FaSSGF (人工腸液、人工胃液)などに代表されるBiorelevant Media (生体関連媒体)をシンプルな手順で再現できる製品群を取り扱うイギリスの会社です。元々は欧州でCROを運営していた会社ですが、経口試薬の試験において医薬品業界で生体関連媒体のニーズが高まってきたことから、シンプルな手順で生体関連媒体を再現できる製品の開発に乗り出し、2008年にSIF Powder(*)の販売を開始しました。現在ではその業務を100%生体関連媒体の販売に切り替えて運営しております。(*SIF Powderは改良され、現在はFaSSIF/FeSSIF/FaSSGFとして販売しております)

製品情報

Biorelevant Media
製品名 再現環境
FaSSIF/FeSSIF/FaSSGF 空腹時小腸/摂食時小腸/空腹時胃
FaSSIF-V2 空腹時小腸
FeSSIF-V2 摂食時小腸
Dog FaSSIF/Dog FaSSGF 空腹時小腸(犬)/空腹時胃(犬)
FaSSCoF 空腹時大腸
FeSSCoF 摂食時大腸
調整用バッファー
製品名 用途
FaSSIF Buffer Concentrate FaSSIF/FeSSIF/FaSSGFからFaSSIFを作成するためのバッファー(*)
FeSSIF Buffer Concentrate FaSSIF/FeSSIF/FaSSGFからFeSSIFを作成するためのバッファー(*)

・即日見積、短納期での提供が可能です。
・組成データ、COA、SDSをご用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。
・(*)FaSSIF、FeSSIFはBuffer Concentrateがなくても作成可能です。
 (Buffer Concentrateのご利用でより簡単に各メディアを作成することが可能です)

Biorelevant社の製品について

~in vivoにより近い環境での試験をin vitroで可能にします~
Biorelevant社の生体関連媒体は胆汁酸塩(bile salts)とレシチン(lecithin)を含み、ヒト、動物の消化器官内の様々な個所の環境を絶食時(fasted-state)と摂食時(fed-state)の両方で再現することができます。開発段階にある新薬の90%は溶解性が低いとされている一方で新薬開発費用の1/3は前臨床試験で使用されており、医薬品開発においては開発継続をするべきかどうかを早い段階で合理的に判断することが重要となります。生体関連媒体を用いて消化器官内での薬の溶解性(solubility)と溶出性(dissolution)を確認することで、医薬品開発においてより適切な評価、判断を行うことができます。

資料

施設・設備

Biorelevant社

前のページに戻る